片頭痛の基本的な知識を理解しましょう。

片頭痛は、血管が広がることによって起こる頭痛で、長年にわたって、時々発生する頭痛です。特徴としては、中程度から重度のかなりの痛みが4時間程度から長い場合には72時間以上続きます。

片側のこめかみだけが痛いなど、片側性の性質を有しています。また、心臓の拍動に併せて、一定のリズムを持ち、ズキンズキンと痛みます。

男性よりも女性の方が片頭痛持ちの人が多いという特徴もあります。

頭痛が発生している間は、におい、光、音に過敏になり、それらの刺激によって頭がガンガンとして痛みが増す場合が多いです。

片頭痛は、生活や仕事に支障をきたすほどの強い痛みになることがあります。

また、痛みの発作が起きていない時でも、常に頭が重たいと感じることが多く、ひどい場合には毎日憂鬱な気分になるという人もいます。

片頭痛が発生する前に、目の前がギラギラと眩しく感じたり(閃輝暗点と呼ばれる症状)、目の前が少しかすんでくるなどの、何らかの前兆を感じる人もいます。長年片頭痛に悩まされている人は、前日あたりから、何となく、そろそろ頭痛がきそうだと感じる場合があります。

前兆のある片頭痛と前兆の無い片頭痛があるのですが、前兆の無い片頭痛の患者数の方が多いです。

注意しなければならないのは、少ないながらも、片側性ではなく両側性、つまり両方のこめかみが痛い場合などもあることです。

頭の両側が痛い場合にも、片頭痛の可能性がありますので、くれぐれも勝手な自己診断はしないようにしましょう。

それでは、具体的にどのようにして片頭痛を見分けるのか、これからチェック項目をご紹介します。

編頭痛のチェック項目

以下が片頭痛の特徴です。以下の項目に当てはまる数が多いほど、片頭痛の可能性が高いです。これらの項目にあてはまる頭痛が頻繁に起きる場合は、片頭痛の治療を始めることをおすすめします。

  1. 頭痛の持続時間は4時間〜72時間くらいである
  2. 片方のこめかみだけが痛いという片側性の性質がある。両側が痛む場合でも左右に痛みの差がある
  3. 心臓の鼓動に合わせてズキンズキン、ドクンドクンと痛む拍動性の性質がある
  4. 痛みの程度がかなり強い
  5. 動くと気分が悪くなり、仕事や生活に支障がある
  6. 食欲低下、吐き気、悪心、嘔吐の症状がある
  7. 匂い、光、音、振動などに過敏になる
  8. 頭痛になる前に、目の前に違和感を感じるなどの前兆がある
  9. 頭が痛い時と痛く無い時がはっきりしている(発作性の出現様式)
  10. 遅くても25歳くらいまでには発症する
  11. 祖父母、両親、兄弟姉妹にも片頭痛持ちの人がいる
  12. 妊娠中や授乳期には頭痛の症状が軽くなる
  13. 60歳を過ぎる頃から頭痛の症状が軽くなってくる
  14. 混雑した場所や人混みの場所など酸素の少ない場所にいると頭痛になる
  15. 週末や仕事が終わった後など、緊張から解放された時に頭痛になる
  16. 寝すぎた時や寝不足の時に頭痛になる
  17. アルコール(特に赤ワイン)を飲んだ後に頭痛になる
  18. 痛みの出ている部分や周囲の血管を指で圧迫すると痛みが軽くなる
  19. 暗く静かな場所に頭を冷やすと痛みが軽くなる

これらのチェック項目の多くに該当する場合には、あなたの頭痛は片頭痛の可能性が高いので、予防と治療をすることをおすすめします。

重要な項目について、それぞれ簡単に説明します。

頭が痛い時と痛く無い時がはっきりしている(発作性の出現様式)

片頭痛は、ズキンズキン、ガンガンと脈拍に合わせた拍動性の痛みがあるのですが、それが突然発作的に起きるというのが特徴です。

言い換えると、いつも痛いわけではなく、頭が痛い人痛く無い日がはっきりと分かれているということです。

このような頭痛の起こり方を「発作性の出現様式」と言い、片頭痛の診断をするときに重視されます。

逆言うと、だらだらと痛みが続く頭痛の場合には、発作性の出現様式では無いので、片頭痛以外の頭痛を考えなければなりません。

頭痛になる前に、目の前に違和感を感じるなどの前兆がある

片頭痛は前兆のある片頭痛と前兆の無い片頭痛に分けられます。

日本人の多くは前兆の無い片頭痛なのですが、前兆のある片頭痛の人もいて、その場合には、頭痛が起こる前に特徴的な前兆があります。

目の前がギラギラとして眩しく感じる、目の前を星が飛ぶような感じがする、目が見えにくくなるという視覚的な症状が現れます。

これらの症状は、閃輝暗点と呼ばれて前兆のある片頭痛の典型的な症状です。

他にも話しにくくなるという言語障害や体が痺れるといった感覚障害が生じることもあります。

前兆のある片頭痛の場合には、これらの前兆がだんだんと消えていき、頭痛に変わっていきます。

前兆の無い片頭痛でも、このようなはっきりした前兆は無いものの、首や肩が張ったり、生あくびが出たり、頭が重く感じる、何となく違和感を感じるなどの前兆がある場合があります。

片頭痛の予防をする事が何より大切

片頭痛の予防で、最も簡単に始められて効果のある方法がサプリメントを活用することです。

詳しくはこちらの「片頭痛(偏頭痛)に効くサプリメントで副作用なく予防をする方法」で書いていますが、フィーバーヒュー、マグネシウム、ビタミンB2などが片頭痛の予防に効果があると医学的にも証明されています。

それらの成分を全て含んだ片頭痛予防用のサプリメントでおすすめなのはこちらの商品です。

↓↓植物由来のフィーバーフューとマグネシウムがたっぷりのサプリメントで片頭痛予防↓↓

片頭痛の予防に効くサプリメント
ずきしらずの実の公式サイトはこちら!

偏頭痛で悩んでいる人はかなり多い

日本で偏頭痛の症状のある人は全人口の8.4%いると言われており、内訳としては前兆のある片頭痛が2.6%、前兆の無い片頭痛が5.8%となっています。

特に20歳〜40歳台の女性が多いのが特徴です。

この数字からかなり多くの人が片頭痛で悩まされていることが分かります。

にもかかわらず、きちんとした生活習慣の改善などによる対策をしたり、医者に診察してもらったりしている人は少ないのが現状です。

アジアでは、5~10%の確率、欧米では10%~15%の確率で片頭痛の症状があるようです。おそらく先進国では精神的なストレスが多いことから片頭痛の割合が多いのだと思われます。

したがって、経済成長著しいアジア各国で、これから片頭痛の症状を有する人の割合が増加していく可能性があります。

片頭痛の詳しい原因についてはこちらのページをご覧ください。

最近では、偏頭痛の患者は、脳梗塞になる可能性が高いという理由で一般の生命保険には加入できないのが通例になっています(緩和型だと入れる場合もある)。

医学的には、片頭痛が脳梗塞の原因になるというはっきりとしたエビデンスは認められていないので、とても残念なことですし、片頭痛の患者さんにとっては極めて酷な現実になっています。