【警告】頭痛には命に関わる種類のものがあります。

専門医が教える片頭痛の治療法と予防法

頭痛にはたくさんの種類があって、その中には命に関わるような深刻な病気も含まれているので、自分勝手な自己診断は注意が必要です。

自分が片頭痛持ちだと思っている人も、自分で決めつけないで、まずは本当に自分の頭痛が片頭痛なのかを確かめることが大事です。

なぜなら、頭痛にはたくさんの種類があって、それらの頭痛の種類によって予防や治療の方法が全く異なっているからです。

間違えた予防法や治療法をしていると、頭痛を悪化させることもありますので注意が必要です。

このホームページは小さな子供の頃からひどい片頭痛で悩まされてきた管理人が、自分の経験や体験、必死になって勉強して調べたことを元にして運営しています。

自分で必死に勉強して調べるだけではなく、頭痛専門医の診察を定期的に受けて、あらゆる方法を試して最近ではかなり痛みを改善することができています。

私と同じように片頭痛で悩んでいる人の役に立つような情報を書いていますので、もし、あなたが私と同じように片頭痛に苦しんでいるのなら必ず役に立つ情報が見つかるはずです。

今このホームページをご覧になっているということは、あなたは頭痛で大変な辛い思いをされていることでしょう。

学校、アルバイト、仕事だけでなく日常生活にも支障があり、本当に辛い思いをされていることでしょう。

そんなあなたに1つだけアドバイスがあります。私自身がそうだったように、偏頭痛は真剣に向き合えば必ず改善することができます

片頭痛は完治することは今の現代医学では難しいですが、確実に頭痛の頻度を低くし、痛みの程度を軽くすることはできます。

私が実際に今もやっていて、簡単に効果の出る予防法をこれから少しだけご紹介しますね。

頭痛は「薬」「サプリメント」「漢方薬」で驚くほど良くなります。

まず、自分が偏頭痛持ちだと思っているあなた。それは本当に偏頭痛ですか?もしかすると、命に関わるくも膜下出血など、危険な頭痛かもしれません。

そこまで危険なものではなくても、緊張型頭痛かもしれませんし、薬物濫用頭痛かもしれません。頭痛対策に取り組む時に、まず最初にやるべきことは、自分の頭痛の種類を正しく把握することです。

このサイトでは、あなたの頭痛のタイプを簡単に診断することができます。診断した後は、原因を1つずつ治して行く事で、必ず片頭痛は改善することができます。

片頭痛はロキソニン系のいわゆる消炎鎮痛剤(非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs))がほとんど効かないため、今までは頭痛の発作が起きると日常生活に大きな支障がありました。

しかし、今ではトリプタンという片頭痛の特効薬があるので、頭痛が起きてもかなり痛みを和らげることができるようになっています。

また、偏頭痛が発生するメカニズムも少しずつ明らかになってきており、フィーバーフューやマグネシウムが頭痛の予防に効果があるということのエビデンス(証拠)も日本頭痛学会により報告されています。

もし、あなたが片頭痛で悩んでいるのであれば、副作用もなく簡単に始められる予防策としてフィーバーフューやマグネシウムが含まれているサプリメントを飲むことがおすすめです。

私自身も飲んでいるおすすめのサプリメントは、こちらの商品です。片頭痛予防に効果があると医学的に証明されているフィーバーフューとマグネシウムがたっぷり含まれているサプリメントです。

↓↓植物由来のフィーバーフューとマグネシウムがたっぷりのサプリメントで片頭痛予防↓↓

片頭痛の予防に効くサプリメント
ずきしらずの実の公式サイトはこちら!

どうしてフィーバーフューやマグネシウムが偏頭痛の予防に効果があるのかなど、片頭痛とサプリメントについては詳しくはこちらの片頭痛の予防に効くサプリメントや漢方薬のページを読んでみてください。

私自身が実際に試してみた色々な方法も紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

片頭痛に関する治療法としては、様々なものが主張されていますが、このサイトで紹介している治療法や予防法は、日本頭痛学会が発行している「慢性頭痛の診療ガイドライン」で効果が認められ(エビデンスがあるもの)推奨されているもののみを紹介しています。

したがって、このホームページで紹介させていただいている内容は全て医学的にも効果の認められている方法ですので、片頭痛で悩んでいるという人はぜひ1つずつでも日常の生活の中で取り入れてみて下さい。

いつも何となく首から頭にかけてズーンと重たかった嫌な気分が少しでもましになるはずです。

片頭痛が改善されれば、仕事も勉強も頑張れるし新しい道を切り開いていけるし、仕事を休んだりして周りに迷惑をかけることも無くなります。

あなたが今このホームページを読んでいるのは、偶然ではないはずです。きっと何か理由があって、このホームページにたどり着いたのだと思います。

この貴重な出会いを大切にして、ぜひ、私と一緒に片頭痛とサヨナラしましょう。