偏頭痛の原因になる食べ物と予防できる食べ物。

片頭痛の発生原因のページでも述べましたが、片頭痛に影響を与える食べ物がいくつかありますので、それらはできるだけ避けるようにしましょう。

まず、医学的見地からもはっきりと片頭痛の発生原因になるとされているのが、酒・アルコールです。

私の経験から言っても、酒・アルコールを飲んだ次の日には片頭痛になる確率がかなり高いです。お酒好きの人には、つらいかもしれませんが、偏頭痛の痛みを発生させないためには、酒・アルコールは飲まないようにしましょう。

特に、痛みに関連すると考えられているヒスタミンや血管拡張作用のあるポリフェノールの入っている赤ワインは、片頭痛を強く誘発すると考えられていますので、赤ワインは特に飲まない方がいいです。

お酒・アルコール・ワインは、片頭痛の大きな原因ですので、極力飲まないようにしましょう。

他にも片頭痛の誘発原因と考えられているチラミンなどのアミンを含むチョコレート、チーズ、ピーナッツ、柑橘類、豚肉、発酵食品、脂肪や油の多い食品、オレンジ、豆類、肉類、イチジク、過量の塩や砂糖の食べ過ぎは、片頭痛の発生原因になり得るとされています。

また、ビタミンEは血管を拡張させる作用があるので、片頭痛の原因になると考えられています。冷え性やしもやけに悩む人がビタミンEを愛用することが多いので注意が必要です。ビタミンEは成分表示ではトコフェロールと記載されていますので、一度確認してみると良いでしょう。

ただ、これらの食べ物は、個人差もありますし、全く食べないというわけにはいかないので、アルコール以外の食べ物については、少し気を付けて、摂りすぎないようにするという意識で十分でしょう。

個人的な私の経験からすると、キムチなどの辛くて刺激の強い食べ物を食べ過ぎた後も片頭痛になることが多いように感じています。

次に、片頭痛に良いとされている食べ物をご紹介します。

偏頭痛に良い食べ物

片頭痛の予防に効果のある食べ物として医学的にエビデンスが認められているものは、マグネシウム、ビタミンB2、フィーバーフュー(夏白菊:ナツシロギク)です。

マグネシウムは、納豆、味噌、いくら、ハマグリ、牡蠣(かき)、昆布などの海鮮物などに多く含まれています。

ビタミンB2は、納豆、レバー、豚肉、卵、イワシ、さば、などに多く含まれています。

フィーバーフューは紅茶などにして飲まれていますが、通常の食べ物では摂取しにくいのが現実です。

フィーバーフューだけではなくて、マグネシウムもビタミンB2も通常の食事だけでは、どうしても不足しがちになってしまうので、サプリメントで補うことをおすすめします。

これらのサプリメントが片頭痛予防に効果のあることは医学的にも証明されており、日本頭痛学会のガイドラインでも推奨されています。

片頭痛予防に効果のある成分が含まれているサプリメントとしては私も飲んでいるこちらのサプリメントがおすすめです。

↓↓植物由来のフィーバーフューとマグネシウムがたっぷりのサプリメントで片頭痛予防↓↓

片頭痛の予防に効くサプリメント
ずきしらずの実の公式サイトはこちら!

また、片頭痛の予防だけでなく、健康のためにできるだけ水をたくさん飲むことも大切です。

水分は人間にとって必要不可欠のものですから、飲まないわけにはいきません。

しかし、お茶、ジュース、コーヒーなどの飲み過ぎは、カフェインや糖分の摂り過ぎで偏頭痛の誘発原因になりるばかりでなく糖尿病の原因になったりと健康を害しますので、できれば避けたいところです。

そこで、少しお金はかかりますがマグネシウムが豊富に含まれているペリエという炭酸水を飲むようにすることをおすすめします。

私自身は、かなり強い偏頭痛で子どもの頃から苦しめられてきたので、健康には人一倍気を使っているので、今はペリエしか飲まないようにしています。

偏頭痛の発生原因となる要素をできるだけ排除するように全力を尽くしています。

ペリエは「奇跡の水」とかナポレオンに「フランスの誇り」と言わせたり、世界的に評価の高いミネラルウォーターです。ただのミネラルウォーターではなく天然の炭酸が含まれていて、疲労回復効果があることが分かってきました。

レモンとかライムなどの少し味の入っているものもあり、天然の炭酸と合わさることで、すっきりおいしく飲むことができます。

↑水は大量に飲むことになるので、買う時は12本とか24本単位で買うことになります。

店で買って持って帰ると重くて大変なので、私は、インターネット通販で買っています。そもそも、値段も安いし、家まで持ってきてもらえるのですごく助かります。

まとめて買えば送料無料のところもあるので、ペリエを買うなら断然ネットショッピングがおすすめです。個人的には、レモン味が一番おすすめです。