片頭痛が起きないようにするための予防法

片頭痛による痛みが起きないようにするために、日頃からの予防策が欠かせません。

医学的にも十分に効果が証明されているのが、予防薬を継続的に服用することです。

予防薬としてはプロプラノロールなどのβ受容体遮断薬、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害剤、抗てんかん薬などがあります。

日本で保険適用で処方を受けることができるものとしては、カルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンです。商品名としてはテラナスなどがそれに当たります。

私も、テラナスを服用していますが、飲み始めてから1ヶ月くらいで、明らかに効果が現れはじめました。片頭痛の頻度が下がりましたし、片頭痛が発生したとしても痛みの程度が低くなりました。

頻繁に片頭痛が起きる人や頭痛の痛みがひどい人は、テラナスなどの予防薬を服用されることでかなり楽になります。

カルシウム拮抗薬、塩酸ロメジリン、テラナス

↑保険適用のある片頭痛の予防薬「テラナス」。私自身も使用している片頭痛の予防薬です。すぐに効果は出ませんでしたが、2〜3ヶ月くらいした頃から自分で実感できるくらい改善しました。服用される事を強くおすすめします。

薬以外の予防法

薬以外の予防法としては、リラクゼーション、マッサージ、整体などがある程度効果的だと言われています。

ただ、薬物療法に比べて、個人差があり、効果のない場合もありますので、自分に合った予防法を見つけることが大事です。

できるだけ、体を健康に保ち、精神的にもストレスを貯めないようにしましょう。

リラクゼーションなどは、医学的見地からすると、はっきり片頭痛に効果があると証明されていないようなのですが、私の経験からすると、間違いなく効果はあります

やはり、睡眠不足や疲れがたまっている時、精神的に余裕がない時には、片頭痛が起こりやすいです。そういう時に、マッサージに行ったり、近くのスーパー銭湯でゆっくり露天風呂に入ったりすると、片頭痛の前兆があったのに、片頭痛が発症せずにすんだという経験があります。

肩や首のコリは、緊張型頭痛の原因とされているのですが、片頭痛も緊張型頭痛もどちらも併用する場合があるので、出来る限りの予防策は取るという覚悟と心がけが必要です。