片頭痛の基本的な知識を理解しましょう。

片頭痛は、長年にわたって、時々発生する頭痛です。特徴としては、中程度から重度のかなりの痛みが4時間程度から長い場合には72時間以上続きます。

片側のこめかみだけが痛いなど、片側性の性質を有しています。また、心臓の拍動に併せて、一定のリズムを持ち、ズキンズキンと痛みます。

頭痛が発生している間は、におい、光、音に過敏になり、それらの刺激によって痛みが増す場合が多いです。

片頭痛は、生活や仕事に支障をきたすほどの強い痛みになることがあります。

片頭痛が発生する前に、目の前が少しかすんでくるなどの、何らかの前兆を感じる人もいます。長年片頭痛に悩まされている人は、前日あたりから、何となく、そろそろ頭痛がきそうだと感じる場合があります。

注意しなければならないのは、少ないながらも、片側性ではなく両側性、つまり両方のこめかみが痛い場合などもあることです。

編頭痛のチェック項目

以下が片頭痛の特徴です。以下の項目に当てはまる数が多いほど、片頭痛の可能性が高いです。これらの項目にあてはまる頭痛が頻繁に起きる場合は、片頭痛の治療を始めることをおすすめします。

  • 頭痛の持続時間は4時間〜72時間くらいである
  • 片方のこめかみだけが痛いという片側性の性質がある
  • 心臓の鼓動に合わせてズキンズキンと痛む拍動性の性質がある
  • 痛みの程度がかなり強い
  • 動くと気分が悪くなり、仕事や生活に支障がある
  • 吐き気、悪心、嘔吐の症状がある
  • 匂い、光、音などに過敏になる
  • 頭痛になる前に、目の前に違和感を感じるなどの前兆がある

偏頭痛で悩んでいる人はかなり多い

日本で偏頭痛の症状のある人は8%以上いると言われており、かなり多くの人が片頭痛で悩まされています。

にもかかわらず、きちんとした生活習慣の改善などによる対策をしたり、医者に診察してもらったりしている人は少ないのげ現状です。

アジアでは、5~10%の確率、欧米では10%~15%の確率で片頭痛の症状があるようです。おそらく先進国では精神的なストレスが多いことから片頭痛の割合が多いのだと思われます。

したがって、経済成長著しいアジア各国で、これから片頭痛の症状を有する人の割合が増加していく可能性があります。